ギムロットα関連

ギムロットα配合のクラボワスカとは

更新日:

クラボワスカの概要

クラボワスカはギムロットαに配合されている成分の一つの目玉だ。

それはギムロットαの正式名称がクラボワスカ濃縮エキス末含有加工食品となっていることからもわかる。

クラボワスカは南米アマゾン原産のツル科の植物。そのツルは最長80メートル以上成長する。

現地の人々の間では古くから男の勃起改善薬、媚薬として使われている。

また民間薬としてクラボワスカから作ったチンキが良く利用される。このチンキは解熱、痛み止め、関節痛に効果があるとされる。

また最近、欧米でもこのクラボワスカを配合したサプリメントも販売されるようになってきた。ただこのクラボワスカは科学的な臨床データがない。

クラボワスカの有効成分

ブラジルの研究者がクラボワスカの有効成分については3つほど発見している。

    • ティナンティナ

アルカロイドの一種。アルカロイドというのは『アルカリ性』の性格をもつ化合物の総称だ。通常、毒性・薬理のあるものが多い。コーヒーのカフェイン、ケシのモルヒネなんかが代表的。

ティナンティナの効能は血管拡張作用、媚淫作用。

平たくいいうとシトルリンに性欲が増す成分を付け足したようなもの。

現地でED治療薬、媚薬に使われる。

 

 

    • ユーゲノル

お茶などに含まれる渋み成分、タンニンの一種。その効果として鎮痛・炎症抑制が挙げられる。

クラボワスカチンキが痛み止めなどに使われるのはこの成分による。

 

  • エッセンシャルオイル

エッセンシャルオイル(精油)とは自然植物の花、葉、果実、樹皮、樹脂から抽出した液体で、主に香り成分が多く含まれる。

アロマテラピーはこのエッセンシャルオイルを活用したものだ。

クラボワスカのエッセンシャルオイルにはリラックス効果、催淫効果があると言われる。

クラボワスカの副作用

クラボワスカはシャーマンの精神世界への媒体薬レシピに入っていることもあるので幻覚作用もあるかと思ったが、それ自体には幻覚作用はないようだ。

またその副作用についても報告はない。

↓↓公式サイトはこちら↓↓

GIMURIS(ギムリス)

-ギムロットα関連

Copyright© 【ギムロットα】ってホントに効くの?購入して効果を試してみた , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.